ちょっとマニアックな話

実はTiMidityをドライバ動作させられるソフトは
もうひとつあって、「Twsyng」といわれます。
これはタスクトレイに常駐するタイプなので、
ひょっとしたらこれを「SEXE」というソフトで
Windowsのサービスとして駆動させれば
完全なるドライバ化(というよりデーモン動作ですね)
ができるでしょう!!
かなり期待したいところですが、まだBeta版です。
CPUが1GHzいってないような環境(おれも)で実行すると
フリーズに近い状態までPCの動作速度が落ちます。
ちょっと使えませんね・・・
Saitoさん、早くアップグレードして解消してくれないかな・・・

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。