子供プログラマの奇跡

世の中にはホント、
上には上がいる。
限りない恐ろしさだ;

今日偶然発見した、
とあるメーリングリストと思われる履歴に
8才のプログラマを持つ
親の話が出ている。

その親は自分がVBやるつもりだったらしいが
自分の子供が光の速さで一足お先へ
行ってしまったらしい。
その親だってFlash作ったりプログラミングもするし
結構なものだが、
その子供の方といったら、
小学三年生にして、シンセサイザーを作ったり
Direct3Dを扱ったり、
RMだけでなくIMもわかりそうだとか
DirectX8のパフォーマンスについて言ってたり、

なんなんだぁ~~!!!
って感じでした。

おれは将来PC、機械系の道へ
進んでも大丈夫なのだろうか・・・。

例の8才の子供には
おれは部分的に、ひょっとしたら全部、
技術力も経験量も追い越されているかもしれない。

なぜ。(落ち着け

常に上には上がいるらしい。
近い年齢ならまだしも、小学3年で、
いるらしい。

そのうち、
幼稚園生のうちから、英語とともに
C言語とかも習う子供が出てくるぞ。
っていうか、もういるっぽいし;

おれは、
それはどうかと思うよ。

せめて小学校高学年までは
遊んだりして外の世界を見ておきなさい・・・

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。