取っておきたい資格

できればそのうち、
初級シスアドとか
基本情報技術者の資格を
取っておきたいと思う今日この頃。

で、良い本があったし、
わりと簡単そうだし、
初級シスアドはすぐにでも取ってやると
思って、家の人に
「今年の10月の第三日曜日の
 初級シスアドの試験受けるよ」
といったら、
父は最初、受けてよさそうな
受け答えをしていたのだが、
このあとちょっと予想外の展開になる。

母は、
「そんな余裕あるの?」
「学校の勉強だって危ないじゃない」
「せっかく計画表作ったのに、
 それじゃあPCの方に本腰入れるつもりなの?」
「それじゃあ専門学校にでも行くわけ?」
「大学行かずに?」

父は、
「そうだよ・・・」
「PCだけできるってんじゃ、
 何にもならないんだよ」
「自分はPCが扱えるだけで、
 結局指図してもらって、
 ああだこうだ言われたことをやるだけじゃ
 良くないと思うだろう」

Akifumiは、
(あれ??父さんが変化した??)
「ああそうだよ」
「別に今回試験受けるからって
 PCの道専門に突っ走るとは言ってないし
 大学には行くつもりだ」
「それに、PCができるだけじゃない、
 自分で創作活動ぐらいできる」
「この試験は年に二回しかないんだ」
「高校で取るなら今しかない・・・」

父は、
「そんなの大学行ってからでも・・・」

母は、
「そうだよ。
 勉強が何もできないのでは話にならない」

父は、
「結局、PCできるだけではだめだよ」

Akifumiは、
「そんなこといってない」
「勉強はやるし、それと同時に(合間に)
 この試験の本も読もうと言ってるんだ」

父は、
「就職にはいいんだけどね・・・」
「・・・ま、結局さ、
 本人がどうしたいかなんだよ」
「母さんよう、そんなにいうことも」

母は、
「なんなの」
「そんなのできるわけないじゃない」
「成績が良くて、凄く余裕があるのならいいさ、
 でも実際どうなの」
「;あfksdじゃ;f(泣きそう)」
(母は二階へ上る)
「ピシャッ(ふすまを閉めた)」

大体、会話の概要は
こんな感じです。
正確には覚えてないので
結構間違いがあります。
あ~英吉を召喚したいw
ああいう人がいてくれたら・・・。
「古いものはどしどしやめることです。」
「何でも最初はまぶしすぎるんですよ・・・」

(英吉を知らない方は
 芥川龍之介の「雛」をお読みください)

しかし・・・・・・
はぁ・・・。

人生こんなものか・・・。

勉強できなきゃ確かに卒業できなくて
えらいことになりますが
しかし、
卒業したところで、
将来自分の進む方向としては、
こういった資格は
高校のうちだとか、
早いうちに取っておいた方が
圧倒的に有利なのですが・・・。

ここで、皆さんのご意見を拝見したく存じます。
ちょっとばかり今までより深刻な問題な気がします。
ズバリ質問内容は、今後の私の行動です。
下の選択肢でもいいですし、
それ以外のことについてでもよいです。

1.親に答えて大学卒まで猛勉強ヲタク化
2.親に答えて3学期まで猛勉強ヲタク化
3.親に答えて夏休み中猛勉強ヲタク化
4.親に反して夏休み中勉強&シスアド勉強
5.親に反して夏休み中勉強&シスアド&そして受験
6.もうシスアドも基本情報技術もやり放題
7.シスアドも基本情報もやり放題&シスアド受験
8.えいっ。
9.もうPC街道まっしぐら。ヲタヲタ。
10.もう就職しちゃえ(無理です

下に行くほど親の希望に反しています。たぶん。
4より下はかなり実現不能です。

で、話がずれますが
明日から林間学校です。
後発隊、集合時刻が早くて嫌だな;

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。