謹賀新年

旧年明けまして新年を迎えられたこと、おめでとうございます。

って言うべきなんでしょうか。

2006年1月1日 元日。

ふと VB Wander World の2004年の1月2日の日記を見てみました。

あのときは2日に初詣行ってたんですねぇ……。

しかもあまり馴染みのない、いやむしろ初めてのお寺へ行っていたようです。

それはまぁ良いのですが、当時は「私の引いた」おみくじの良かったこと良かったこと。

結果的に当たってはいなかったのでは、とは思うものの、

私自身の身に関して特に異常は起こらなかったのは確かでしょう。

それに当たっている部分もないわけではないかもしれない。

例えば……そう、私が完全に指揮をとれたあのPRビデオ、とか……ね。

―――――――――――――――

そう言えば……誰にも言ってそうで言ってなかったことがありました。

当時の私のおみくじはとても良い運気を示していたのですが、

この時、父は「凶」を引いていたのです。

それを結びつけて、別の寺で引いても末吉より上の評価は出ず……。

確か何度やっても「要注意」の暗示が出ていたのです。

もしかしたらこれが暗示していたものは……。

―――――――――――――――

いや新年早々こんな話はやめにします。失礼しました。

新年になったのです。悪いことが沢山起こった年はようやく終わってくれたのです。今年こそ良い年でありますように。いや、何が何でも良い年にします…!!

―――――――――――――――

最近、いや今に始まったことではないのですが自分の考え方が変わったなと思えます。良い点もあれば悪い点も相当にあります。

やはり VB Wander World を見ると差がありますね……。

ここでちと当時の私の良かった点を自分なりにわかる部分で取り戻して見ます。

―――――――――――――――

って当時の良かった点ってなんとなく楽しそうに見えるところ…?だったりするんでしょうか。それは取り戻しが難しいですな……。

だって楽しいことってこれから起こそうと決意するところなんですよ?!

―――――――――――――――

前回作曲の闇夜って2005年の象徴かな~…なんかそんな気がちょっとしました。

2006年象徴の曲を明るく作ったほうがいいですね。受験終わったら。

―――――――――――――――

話題がコロコロと変わってますねー;;これはまずい。

実を言うとどんなに明るくしようったって話題がないんですよね受験生ですからね一応ね。

そういや2005年の元旦時には占いを見ていました。

VBでも書いてますけど私は結構こういうのは信じるタイプです。

といってもキリスト教信者にはなってないみたいなんですけどね。

いや、でもたまに無意識に十字きってる気がしないでもないぞ?!(ぁ

で、そのときの占いは家族のうち母と兄は2005年末に向かって運気が下がり、

また母には試練の星がどうとかこうとか……。

そして私は2005年末に運気が上がるとのことでした。

これは当時かなり有り得ると思って驚いていたものでしたが

大して当たっているとも外れているとも言いがたい結果だったと思います。

でも特には悪いことがなかったのは幸いでした。

―――――――――――――――

このブログの読者様としてはどの点を気になさるのでしょうか。

私がどんな調子か、ですか?

ははぁー…痛いところを。実に痛いところを。

―――――――――――――――

……調子最悪です。

ははw驚きましたか~。それは何より。え、想像通り?それは困るな……。

いやいやそんなに深刻な顔しなくても。そんな顔を見ると私の不安が2乗されるんですよ?知ってましたか?

まぁ何はともあれ今日は初詣に行く予定ですけどそれ次第で私は不動の心を破壊されるか決心に変えるかするんでしょうね、って何言ってるかわからないな。つまり良いほうに傾くか悪いほうに傾くかわからないが何らかの決心の動機にする予定ですね。

はぁ……。

ちなみに私の心、気分を知っていますか?

私は2005年はかなりひどい気持ちを持っていたんですよ。

それはどんなものかというと……ずばり、

「私を殺してください」

こればっかりでしたね。

私の友人のいくらかは結構冗談っぽく言ってるのを聞いていたと思いますけどw

実はあれ、結構本気だったんですよ?

あれを言ってるときは本当にその場で刺されても線路に落とされても車道に押されても文句なしに死んだと思います。

まったく、…どうやったらああいう心境になるんでしょうかね、

まぁこう言ってみながら明らかだったりします。

つまりあれは…自分が自分の思い通りにならない状況の極地なんでしょうね。

なんか大したことないことで勝手に極地に達してるように見えますけど

これは1年以上制御に苦しんで、しかも結局できなかったときに起こる心境です。

特にもう何もできないような気がしてしまうんですよね、だから特に「自分」が居る必要がなく感じられるんでしょうかね。

―――――――――――――――

ってまた暗くなってるし!!

あーちきしょー普通にしたいんだ、普通に!

もうだm・・いやこれから!

―――――――――――――――

それで、これから具体的にどうするんでしょう。

そうだな……とりあえず遠くを見るのはやめて、一番近くにあるものをなんとかしよう。

はっ・・もしかしてこれは常識なのか?!

さぁそうと決めたらそれもなんとかうまくいくのかもしれない。

目の前にあるもの…

本来は避けるものだと思っていた目の前にあるものをすぐ追う行動をまず試そうではないかw

―――――――――――――――

今日の初詣が楽しみだ。初詣ついでにどこか寄ってくる予定もあったと思う。

とりあえず1日潰すくらいのことは心の負担にはならない。

この辺は妙な度胸があるものだから、利用しておこう。

とにかく、だ。

1日1日を楽しくしよう!

楽しくしようよ!

これまでみたいに、日を追うごとに気落ちしていくのなんて、もう嫌だ!!!!

俺は……今度こそ、変わってやる!

You may also like...

2 Responses

  1. Rin より:

    TITLE: 「友人」へ
    少し飛ばし読みのような形ですが…とりあえず全体に目を通させていただきました。

    予想外、驚愕、絶望欺瞞に疑惑不信。倒錯逃亡失墜墜落奈落の底へ。混沌昏迷困惑、挙句の果ての疲労困憊、無限回廊。静止願望自殺志願死亡希望…。 そんな気分も気持ちも私は知りません。わかりません。理解出来るわけありません。知ったかぶりをする事さえ不可能、絵空事で机上の空論。自分勝手で自己中心的な私の解釈があるだけです。
    読んで、言いたいことは山ほどあります。腐るほどあります。腹が立つ事も反論も同情も共感も苛立ちも……尊敬も。
    そして、それらの事はどうでも良いです。全身全霊一から百まで一辺の木っ端も残すところ無く、どうでも良い事です。

    そして貴方の一月一日の文章を読んで思います。

    私の存在価値が貴方に対して、もしも少しでも…在るのならば。私はもう少しまだ少し黙っています。黙って貴方を見ていたいです。
    表面だけに見えるかもしれません。自分でも本心なのか否か定かじゃ在りません。確証なんてありません。
    でも、これだけ言います。

    私は貴方を素敵だと思いますよ。

    取るに足らない駄文、失礼致しました。
    また会いましょう。 頑張ってください。

  2. Mulgray より:

    TITLE: 或る世界の話なのですね~
    本当に全体に目を通していただけるなんて!
    VBのときも驚きましたがまたも驚きと感謝の念を抱いています。

    私の感情、確かに理解が難しいです。
    それどころかこの本人にさえ理解ができないのですから表現にしても正確ではありません。

    ただ、私自身の現実の心は見かけ上ほとんど大きな動きはみせません。自分から見える範囲での話ですが。私はこうして文章を書くこの瞬間にだけ、本当の気持ちの一角を見出すことができるのです。ですから、「この文章を書くときどんな気持ちから書いているのだろう」といった想像をしたとしてもそれは私の実際の気持ちとは異なります。

    だからこそ、あえて他人に読まれたときにどう読み取れるかを全く意識せずに、「自分が書く」文章をそのまま書こうと思ったのです。「文章」としてではありますが。そのまま書こうとしても表現できる言語が無いんですよ……。

    私の感情の性質の一部には排他的なものがあります。だからこれを読まれた方は大多数が閉口するはずです。面白いですよね。あらゆる人間が書くのと同じ「文章」がここまでの印象を与えるのです。でもRinさんは優しい視点でいますね。私は放って置けば特に悪いことをする様子も見えずどうにかこうにかなるようになるという風にも見えるはずです。放っておいてくれとでも言っているかのような雰囲気をまとっているから……。それでも、見守っていただけるのであれば、それが今の私には一番嬉しいことだと思います。

    私が素敵かどうかはこれまでの私にはあまり関心のないことではありました。しかし言われると嬉しいのは間違いの無いことです。ということはやはりそのように思われるような人になりたいということですから、なれるように努めなくてはなりませんね^^

    一つ、実際の私の挙動が変わったのはやはり日記全体に見られる私の心の不安定さが原因だと考えても間違いではなさそうだということを書いておきます。こんないい加減な書き方になってしまうのもやはり私自身でも理解できない部分があるからなのですが、それでも徐々には不安定さ、いや暗さの根源そのものは解くことができると思っています。

    いろいろと書いてしまいましたが、応援していただけて本当に嬉しく思います。きっとご期待に添えるように頑張ります。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。