後は風まかせ

ラストチャンス。

最後の試験です。

気分は零戦に乗ったパイロット(え

行ってきます

不思議と心は軽やかです。

Mul「でもさ、気楽に受けてこようかと思ってるんだ」

Mul「もしだめだったとしても、当然だと思うからね」

精神を安定させるまで本当に時間がかかった。前期のときは一睡もできなかった。

母「そうだね。やっぱり後期で受かると えっ って思うもん」

実倍率はあまりかわらない学校だからそれほどでもないのだが。

でも、どちらにせよ、結果がどうであれ私はいつも通りなんだから別によいと思うのだ。

別に諦めたわけではない。いくからには本気でいかせてもらう。

ただ、こんなことで調子を失わなくて済むことがわかって安心した。

ではできる限りの力を発揮してくるとしよう。

幸運を祈ります。
—–

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。