やばい……死ぬ……

 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。毎年、年が明ける度に思いますが、去年が一番短く感じられる年でした。


 皆さんどのように新年を迎えられたのでしょうか。私は、最悪の年越しをしてしまいました。

 私は31日の夜、次第に気分が悪くなり、横になっていました。そして十時頃に急な吐き気に襲われ、急に連続で嘔吐してしまいました。あまりの急な吐き気に為す術はありませんでした。その後二十分以内に一度くらいの度合いで嘔吐と下痢を繰り返し、そうしている間に年は明けました。いや年明けを気にする余裕は実際ありませんでした。寝ようとしても嘔吐寸前に目が覚めました。このとき体温を測ると微熱がありました。

 1日の朝七時頃に漸く吐き気は止みました。しかし何も摂取できない状況でした。ぬるま湯でさえ、飲めば吐いてしまうような状況でした。後にスポーツドリンクを僅かずつ摂取することができるようになりましたが、いくら飲んでも渇きが癒されない状態になっていました。このとき熱は四十度ほどありました。高熱は数時間続き、あまりの頭痛に歩けないばかりか起き上がれなくなりました。高熱を断食状態で維持していました。



 元日の夜には救急救命センターにいました。

「症状は……ふむふむ」
「深呼吸してくださいー」
「こうすると背骨に痛みがありますか?」
「インフルエンザの検査しますねー」
「採血しますねー」


「点滴しますねー」


「ではこちらでレントゲンを」

「ではこちらで横になって下さい」


綺麗な看護婦さんが来た。


「ちょっとズボン失礼しますね」


私が何かを考える間もなく、一思いにパンツごと脱がされてしまった。

「横向いてくださいー、はいこれで終わりですー」

少なからずショックを受けた。

だがその後から急激に熱は下がり、妙な苦しさも大体癒えた。
病院に来てから六時間ほどで退院。



 二日には重湯を摂取できるようになっていました。しかしそれも僅か。そろそろ腹減ってきました……。今もこの調子です。早く治って欲しい……。一気に体重3kgくらい減ってました。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。