断片的独り言

ちと書きたいことは忘れないうちに書いた方が良さそうだ
ということで以下色々と断片的に独り言。内容は家のこと、学校関連やバイトなど。時々ハードウェアとかソフトウェアとか。
…多分これを読むのは骨だろうな…


これは最近のことだが
母がバイオリン弾きなので現時点で最良のレコーダーを用意したいと思った。
特に母でも簡単に持ち運びできて簡単に録音できて音が良いとなると選択肢は大分定まってくる。
背景には近年のメモリ価格の暴落もあるのだろうが、丁度2007年から2008年にかけてPCMレコーダーという高音質のメモリーレコーダーが各社から急に出そろってきた。
そこで買う前にメーカーサイトなどで実際に録音されたファイルを慎重に聞き比べしてみた。
聞き比べの環境としてはSE-200PCIとER-4Sの直結である。
結果、OLYMPUSのLS-10が若干高音が多めだが全体的に最も繊細で解像度が高く、
TEACのDR-1も感じは違うがそれに並ぶ忠実さだと感じた。
さらにSONYのPCM-D50もバランスの良い音としてこれに続く。だがあまりにおとなしい音で、少し忠実さに欠ける感じがある。
そしてEDIROL(ROLAND)の音は聞いた中では最下位で、低音過多なのと解像度は普通程度、あと無音時のノイズが多い。
それとZOOMは音がそもそも篭もったような感じになり、解像度が低く、使い物にならない。
あとKORGのMR-1は付属マイクがゴミ以下。マイクの別途購入が必須。ハードは凄いのだが…。
ちなみにケンウッドや三洋は最初から除外した。
結局LS-10の購入となった。

色々録音したやつをやっと私が編集して書き戻し、レコーダーを返したら
母はそれを聞きながら床に早々に横になっていた。
どうもまだ寝られないということらしい
私にとっては、悪いがあれが言い訳になっているような気もしなくもないが
そんなことはできるだけ思わず仲良くやっている。

Windows Vistaが本気で迷走しそうだな…
来年辺りにWindows 7が出るという話もあるし
それにもう何年も前の…あと2、3年経てば10周年のはずのWindows XPがつい最近またSP3出して現役認定。
あくまでXPは低スペック向けと説明したいようだが真意の程は…。

メイリオによって日本語フォントも綺麗になるとは言うものの、そもそもClearTypeは日本語のようなフォントには向いてない。
そしてついにXP用のメイリオフォントがリリースされ、適用するとXPでも日本語も含めてギザギザのないMacみたいな字になるというが、ClearTypeである以上そこまで綺麗じゃない。
むしろ今は亡きGDI++を用いてWindowsのフォントレンダラーをそのまま入れ替えた方がずっと綺麗な気がする。
私はそうしているからWindowsでも文字はMacみたいになっているのだが…。
もしGDI++を使ってみたい人がいたら話しかけてくれればと思う。

学校内のPCから256bit暗号化を通じての自宅サーバーのPCのハードディスクの読み書きを確認した。
大分遅くなったがようやくこれで私は数百GBのMyVolumeを持っているのと同等になった。
ちなみにセキュリティ上…といえるほど考慮してないが、FTPは動かしてない。

あとある授業がpdfの丸写しをさせる点でちと無駄が多いと考えて
あと、私は転科したてで習ってない部分もかなり多いというか殆どなので
それを勉強する時間が欲しいという理由があってpdfのコピーガードを破った。
というか簡単に破れる模様。先述の方法で簡単に自宅サーバー側に置けるようにもなったから、
次回授業から学科内の私の友達にはURLをメールで配るかも知れない。希望者を募ろうか。

今年のGWにもラフォルジュルネ、音楽祭があった。チケットが安いのでいくつも出席した。
母に教えられて共に行くことが多く、またそれは母にとっても貴重なことではないかとも思っている。
いつかこういうのに友達と共に行ってみたいとも思うが。

コンサートに感動して、私はまたつまらぬものを作曲してしまった。
本当につまらぬ。これは気が向いたら近いうちに公開するかも知れない。が、つまらないものなので公開しないかも知れない。

携帯を替えたらデュアルコアだった。
auはあれでもハードウェアには結構凝った物を採用し続けているのだが
今回はKCP+プラットフォームを採用して、かなり凄い携帯になった模様。
とりあえずアプリとかWebとかメールとか起動させまくってみたところ、10個くらい同時起動できた。
さらにWebを1画面内に2つ開いて、例えばmixiとかで日記のコメントを読みながらもう一つの画面でコメントを書くなんてことができる。
オープンアプリはそれなりに制約もあるが、自分で作ったJavaプログラムが動くのは面白い。
そしてHE-AAC V2に対応し、自作でもこれの再生も登録もできる、など色々と面白い携帯だった。
ATOKの対応や、ワイドVGA(一般の携帯の4倍以上の画面領域)も優れている。mhtの表示などさせると優秀。キーボードを接続してブラインドタッチ入力もできた。さらに手書き文字入力や文字の写真をとって合成とか…とにかく色々できる。Bluetoothもあった。いつものことながらヤマハのシンセも搭載している。通信速度も速くなっている。
ちなみにOSはLinuxの一種を採用している模様。

これは携帯と自宅サーバー間の連携の選択肢が広がった。非常に面白いことになってきた。

Hylosの携帯版ページの若干の更新を行った。
表示用スクリプトは完全に違う物に取り替え、さらにWordPress自体のバージョンも2.5系に変更した。

mixiとHylos間の投稿はplaggerさえ走らせることなく同期を切り替えできるようにできたからいいが他のSNSとの連携については今必死にスクリプト書いている途中だったりする。

サーバーの携帯向け部分に関して、ストリーミングサーバーを構築したい。
いやストリーミングフィーダというべきか。
今は自宅サーバーのplaggerのおかげでWebページを巡回することなく、携帯を持っているだけで全自動で世の中の動きを或る程度追えるのだが(Web巡回はサーバーに任せている)、これをもっと改良したい。別にplaggerにこだわらない。

弓道はこれから毎日練が多くなっていくが、正直どうしようかと不安になってきている。
少なくとも毎日練のままでは心身ともにもうあまり保たない。近いうちに休部状態になってしまうだろう。
考えられるのは週3程度を維持することで、これでできる限り延命できるかも知れない。


ところで恐れていたことがついに起こってしまった。
昨日のバイトは実は仕事がないから休みにしてもらえないかと連絡が入った。
それで昨日は職を失った気分を味わうことになったのである。

以下は実は結構古い時期に携帯にメモしてあった、本来は記事になるはずだったものが放置されていたもの。
今でも状況はほぼ変わってないのでとりあえず載せておこう…。
色々と誤解を招きそうな文章が多いが、敢えて恐れず。

—-
そろそろ本気で何とかしないと今の私の技術力では近いうちにバイト先の会社で用無しになってしまう確率が高い。つまりクビにされてもおかしくない。

どうする…どうすればいい…。まだいけるか…まださらに研究時間と意欲を編み出せるだろうか…。さらに雇ってもらえるに足る力はつけられるだろうか。なんとかして続けたいものだが…。

ちなみにこのバイト、実は元々短期バイトだった。1ヶ月やったら終わりになるはずのところを、社長さんにひきいれてもらったのだ。それでもう半年は続いている。

だが…。さすがにこの程度の力では、そろそろ限界がある。仕事は、片付ければなくなってしまうのだ。特にこういう、物を完成させる仕事はそうだ。


私はどういうわけか予測範囲が非常に狭くなることがある。これは恐らくは一次予測に対する期待または何らかの別の考えの度合いが強い場合に起こると考えられる。

この場合は予測は簡単に外れる。そうなると予想外の事態となる。

私は常に予測を行なっている。それは受身的予測であり、能動的ではない。よって外界から受ける影響に対する予測が基本となる。
つまり外界主体で私の行動範囲が決定されている。あくまで範囲であり、行動そのものではないが。

私は予測の範囲内の物事はほとんど完全に処理できる。
予測の範囲内であれば、そうでない場合の数倍の速度で処理できる。

逆に予想外の場合、完全に処理系を失う。
単純行動に移行し、その瞬間に外界にある情報から行動の選択肢を一定時間導き、導ききれなくても中止し、少ない選択肢から、その先が元の予測に近づく可能性が高いもの順にソートし、順番に実行していく。実行中は例外的に予測は行わない。

予想外となった時、私の行動はつまり焦って起こす行動となる。
計画無しに見える。実際その通りだが、それでも全て訳ある行動である。

私の行動は全て理由付きである。
ゲーム一つ手を付けるのにさえ理由が必要だ。
理由が無い場合には他の優先順位の高い物事におされるため、それを行うことは無い。
理由があるから、適当にはなりにくい。だが融通がきかないのとは違う。


本当に時間が無い。
よって私がPCにて行えることはできる限り携帯に移植し、僅かな時間と最低の環境の中でもあらゆる手が尽くせるようにしなければならない。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。