銀鮭の独り言

今日は異例の30分で仕事に片がついた。漸く板についてきたかな。

暇になったから今朝は3つの話をしよう。1つ目は一般、残りは若干専門気味で。

では一つ目。
最近私は異様に髪が長いが、これには理由がある。いやむしろないのか。
散髪店から毎月お知らせメールが来るので、いつもはそれが来たら散髪に行っている。
ところが今まで3年以上滞りなく来ていたメールが先月だけ来なかった。
それで、やけに髪が長いなと漸く気付いて履歴を辿ると、実に2ヶ月間髪を切ってないことがわかった。
おかげで近年では稀にみる長髪になってしまっている。近いうちに切ろうと思う。
私は髪に整髪剤の類は一切使いたくない人である。
合宿で私を見た人なら知っていると思うが、風呂上りに髪に癖をつけてなんとかこの髪を支えている。
ところがさすがにこの長さだと髪の癖とかではもう限界がある。段々滅茶苦茶になってきてしまっている。
ところで整髪剤を使いたくないのにもあまり大した理由はない。ただ髪が痛みそうだとか頭皮が痛みそうだとかそんな感覚があるだけである。髪を染めないのも同じ理由。
二つ目の話。
情報の授業で先生がNULLのことを明らかにナルと発音していることに気付いた。
いやこれは間違いではない。Uは気を抜いた発音だし別にナルで構わないのだが。
しかしこれだとNULL Pointerがぬるぽじゃなくてなるぽになってしまう。
追記5/21:発音については完璧に私の勘違いだった。あまりにヌルという発音が有名だからこっちが正しいと思っていたが正解はナルだった。今更気付くとは。お恥ずかしい。

三つ目の話。
非常に情けない話だが、私は高校時代からこれまで何年もFFT、FFTって言ってきながらそれがFast Fourier Transform、高速フーリエ変換のことだと気付いていなかった。
何故かといえば、サウンド関連のソフトでFFTを多用しても自分自身ではそれをプログラミングしたことがなく、縁がなかったためだ。2D、3D問わずCGの分野でも結構出てくるが、そちらについても同様…。まぁ大したもの作ってこなかったしそもそも私はプログラマでもないわけで。趣味グラマごときが知ってなくても仕方がない。
しかしこんな凄いものは遠い将来独学するんだろうとか思ってたらまさか学校で学ぶ日が来るとは。
そう考えると結構楽しいかもしれない。
あまり気落ちせず、意味不明な過去の野望と決別して今の私流に最大限に勉強できれば、それが一番だなと思えるようになってきた。

情報工の優等生にはひょっとしたら将来これが参考になる。今の授業では必要ないけれども。
http://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/~ooura/fftman/index.html
(京都大学数理解析研究所のページ。いろいろ探っていくと他にも凄いものがいくつもある…。)

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。