いつか整理する必要のある物事

整理する必要のある物事が多い。

去年から今年までのバイトでは将来の行動方針に関わる多くの物事を学んだ。

去年の私の行動は漠然とした方針に基づいていたが、今年の方針とは違うものだった。去年の方針が結局どんな方針として機能していたかを纏める必要がある。

私は無謀な挑戦でも構わず実行しようとする心を持っているが、同じく無謀であればあるほどそれにブレーキをかけてしまう心も持っている。

私は今まで人や人の目を気にしすぎた。この先の行動方針から臨機応変にこれを外してやらねば、要らぬ苦労をするばかりか、できることもできなくなってしまう。

気力とは何だろうか。

私にはやりたいことが明確にある。
でもそれらに直結するような物事が何であるか、物事がどのようにそれに繋がっていくのかが見えてこない。
転科の際はこれらについても述べ、わからないことに関しては仮定条件で訴えた。しかし今でもそれこそいい加減なものしか見えてこない。”とりあえず今はこれでいいや”では私は困る。
私はこれを打開したいと感じていたということがわかってきた。

私はどうやって生きたらいいのだろうか。
この先の学生生活、進学について私はまたも異様な選択肢を選ぶことになるかも知れない。
今度は失敗も怖れたくない。怖れてはいけない。
過去を悔いるのではなく、その心を全て先を変える力にしたい。

今までの生き方は今までの見方では問題なくもあったが、見方を変えれば無駄だらけだ。
正直に言ってこれ程つまらない生き方は生き地獄だ。

人と違うことをすることは本当に難しいことだ。
だが、それを切り抜ければ、それ自体が一つの芸術になる。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。