…++

明日なべさんとこの高性能DACのデモというか宣伝を行います。
SITの人で希望者が居れば私の所へ来てもらえれば見せたり聞かせたりしてあげられます。

測定は暇が無くてまだです。
時間さえあればできるのでそのうち…。

あと高音質SDカードプレイヤーの構想ですが、どうも専用チップなしでできるっぽい…?
ただ、マイコンの性能として16bitの44.1kHzを余裕を持って再生できるのかどうか…

最近PCで実現できる技術をハードウェアに移植するだとか、ハードウェア寄りのプログラムだとか、そっち側に関心を抱くようになってきました。

優れた技術者になりたいですね…。

最近やっとEmacsが人気な秘密がわかってきました。
試験もとりあえず一段落ついたことだし、本格的にプログラミングのスキルアップに向けた独学もしたいところ。

どうも工業高校の情報系の科の人とかは高校在学中にSITの情報工学科3年次レベルの知識はつけてくる人が多い様子。それって全部じゃん…。
ということはSITにいる間に最低でも個人的な好奇心と勉強によってこれのレベルは超えた方が良さそう。

優れた技術者というのは広範囲の守備範囲を持ってないといけないようですね。
可能ならば文系分野まで含めて、どんな分野でも網羅しているようなのが理想であるようです。
この傾向は今後さらに進んでいく、とどこかで聞きました。

――――――――――――――――

この家は、私を含めた3人の平均年齢が約60歳である。

――

家庭の事情など、どの人にもそれぞれあることである。
私の事情だけ主張するのもおかしく感じられる。
他の人で、私のように何でもぺらぺらとそういった事情を喋っている人を見たことがない。

一応私は、普段出会う人に出会ったその場で事情話ばかり持ちかけるようなことはさほど無かったつもりである。
ただ、私自身が消え入りそうな昨今においては、記録という形では事情話も残しておきたかった。

私の考えは浅はかだろうか。
確かに、浅はかではあるだろう。

気にしない、という方針の人々には影響を与えないはずだが、困ったことに、気にさせるように記す癖がある。

――

最近は家の人の誰ともろくに話がかみ合わなくなってきている気がする。
一番の味方だったかも知れない人が何故か一番先にいなくなっていた。

――

最近は私も部分的には狂いかかっているような気がする。
周りも対応出来る人は限られている気がする。
本当に困った事態である。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。