大会日記

始めに記すと、我々はかなり善戦しました。上位8位に入りました。

――前置き――
「学生プロジェクト」と言って、学校公認のプロジェクトとして学校から支援金まで出ているプロジェクトの一つである SIT RoboCup Soccer Project に勧められて入ったのは二年生の終わり頃。
私が専門科目の演習の授業の間にうっかり先生の誘導に乗せられて脱出不能に陥っている間に、友人も巻き込まれ、そこを研究室の先輩達に囲まれた。
2Dのサッカーの見た目は悪く言えば地味で、私の興味のある分野とも違うため、乗り気はしなかった。
しかしこれも何かの縁、とりあえずやってみても悪くないじゃないかということで、少しずつ話は進み出した。
巻き込まれた張本人ということもあって、我々のリーダーは私が受け持つことになった。

春休みあたりから本格的に研究室に集まって作業をするようになった。
それでも各人苦戦状態で、なかなか思うように進まなかった。
サンプルプログラムがどういう構造になっているのか、それさえも良く分らなかった。

新学期が始まり、漸く僅かにわかり始め、少しずつ改良したり、接続テストをしたりするようになった。

5月2日は初統合日だった。
それまでは各人それぞれプログラムに手を加えていたが、この日にそれらを結合してテストを行った。

5月3日は弓道部の新歓だったが、オールは避けざるを得なかった。
この日は私にとって印象深かった。

5月4日は更なる結合テスト、調整、改良、更に全員に喝を入れた。
休みの日の学校では、階段をうっかり使うとオートロックで閉じこめられた。

5月5日は改良の他に、先輩達との大阪での日程の最終確認、打ち合わせを行った。

5月6日は更なる改良とポスター作成を行い、夜行バスに乗り込んだ。
――前置き終わり――


5月7日。
夜行バスを降りた時、全員の体調は最悪だった。
とりあえず朝食をと、近くの「マクド」に入った。

まだ朝早く、宿のチェックインには早かったため、先に会場である京セラドームへと向かった。

しかしこちらもまだ早すぎたため、近くのネットカフェでネット回線をとりつつ、昼近くにはそこで昼食もとって再び会場に入った。
まだ会場内は設備が運び込まれている途中だった。

初日はチーム登録を済ませ、対戦サーバーへの接続ができることを確認して終了。宿へと向かった。

宿はビジネスホテルで、全員個室だが、一室は二畳一間とか言われているような狭さだと思われる。
具体的には両腕を伸ばすと両壁に手が届くくらいであり、テレビと冷蔵庫とエアコンはあった。
私と仲間の一人と先輩一人は予約内容に反して和室になったが、他は洋室だった。

夕飯は串カツを食べた。宿周辺は串カツ屋ばかりで、適当なところに入った。
串カツは美味しかった。串カツは何でも串カツにしてくれるようで、餃子の串カツなどもあった。

大阪の自販機はやたらと安い物がいくつもあった。

初日は夜行バスの疲れと睡眠不足が溜まっていたため、夜はある程度休息をとることにした。


5月8日。
後発隊を拾うため、朝は早めに集合し、宿を出発した。
会場で後発隊と合流した。

大会の初日は予選一次で、様子見感覚の試合だった。全13チームだった。
我々のチーム Emis-L は対戦グループ内で三位、先輩達はいきなり産総研の最強チームHELIOSとあたったが、全チーム内で最も健闘した。

この日以降、先生もいらっしゃって、一緒に観戦した。

夕飯は別の店でまた串カツだった。
後発隊含め、先輩方と大人数の8人でテーブルを囲んだ。
今度は最後にバナナの串カツというものを食べた。串カツは本当に何でもありだった。

夜は個室の一つに集まって全員で全力で改良を行った。
私は最後に時計を見たのが5時過ぎあたりだったと記憶している。
この頃になって我々は漸く各人ともかなりプログラムの構造がわかってきて、改良が進んだ。
先輩方も頑張った様子だった。


5月9日。
先輩方のチームと我々のチームが同士討ちになってしまった。
結果は引き分け、先輩はハッハッハと言いながら私の肩を叩いてくれた。

この日は予選二次で、我々はまた対戦グループ内で三位、先輩方は同二位だった。

この日はOZRPという、2Dの中のプレイヤーを人間が操作してサッカーを行う競技に先輩達が参加した。

この日の夕飯は先輩方も先生も一緒だった。

この日の夜は、私は完全にダウンしてしまった。1時頃に解散するが、その後3時頃まで粘った。


5月10日。
いよいよ決勝戦。日曜ということもあって人は増えていた。

初日に我々が引き分けた相手チームに一点取られてしまい、決勝トーナメントの初戦では我々のチームは負けてしまった。さらに、初日に我々が快勝したはずの相手チームは強くなったのか、決勝トーナメントの敗者復活戦ではそのチームと初戦にあたって負けてしまった。とはいえ、善戦はした。

先輩方のチームも、決勝トーナメントの初戦では負けてしまい、敗者復活戦でも負けてしまって我々のチームとまたあたってしまった。今度は先輩方のチームが勝ち、我々のチームは上位8位、先輩方のチームは同7位入りした形になった。

優勝は例年通り産総研HELIOSの勝ちとなった。


この日の夜は夜行バスに乗り、早朝に東京に着き、そのまま学校に向かい、少しだけ眠ってからすぐ11日の一限からの授業に出席した。

一日中疲れが響き、そして漸く休息を取ることができた。

――――――――

プロジェクトメンバーの皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして良く頑張りました。とても立派な成果が出ました。
しっかりと休息を取ってください。

そして、これから次のイベントに向けて、頑張りましょう。


今回、一番予想外だったことは、2Dリーグが面白くなってしまったことでしょう。
そしてどうやらそこまで先生が見込んでいたらしいことも。

もし興味のある方がいたら、是非参加してみてください。
今、特に興味のあることのない方には、特にお勧めします。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。