8/27

合宿に行っていた皆さんお疲れ様でした。


ここ数日、私は調べ物中心の生活を続けている。最近では今までに比べてより先を見据えた調べ物をしている。

私の行動は常に、早すぎるということは決して無く、例え先回りしたつもりでも実際には丁度ぎりぎりという場合が殆どである。

やりたいことはあるのに将来像に関しては大体の将来像しか無かったと言ったら他人にとっては噴飯ものかも知れないが、事実は受け止めて早く対処しなければならない。

将来、教授や先輩方と話していくうちに道が見えることもあるのかも知れないが、今のところは自分の思い通りの研究をして生きていこうと思ったら大分狭き門を通らなければならない。私はこれから何度ハイ・ジャンプを試みるのだろうか。もしも私が、就職しようと思えば就職自体は難しくないかも知れない人物だと仮定した場合、これは愚かなことだろうか。

私の周囲に修士または博士を出て研究職に就いたという人は居るだろうか。一番身近で言えばこの家に博士で研究職に就いていた人が居るが、当時と今とではまた少し事情も違う。時代の違いもあって私とは学問での区分も違う。

あとは、あまり夢だからと言って視野を急激にレーザーのように一本化してしまうのにも恐怖を感じる。しかしはっきりさせないよりははっきりしていた方が行動力に繋がるのも事実だ。


明日は言語処理の先生に深く研究計画の相談をする予定である。
それまでに出来れば、実現方法について考案してある部分の一部については簡単なプログラムを試作してみようと思う。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。