色々

色々とやらなければいけないことがありすぎて、ついに何をやらなければいけなかったか一部忘れた……かどうかも良くわからなくなってきた。

――

E先生の演習の方は今日の4回目の授業開始の時点で検出については完成していた。現在、検出にかかる時間は1秒程度。あとは、未知の画像を入力された時の検出精度を高めるとか、更なる高速化をするとか、見せ方を工夫するとかといった最終段階に差し掛かる。これくらい時間があれば多分、一部をCore2に最適化したアセンブラで書けると思う。可能ならば、マルチコア最適化あるいはCUDAかOpenCLを用いてGPUによる大規模並列処理まで手を付けてみたい。

先生やTAさんからは、色々な課題をやらせたいと言って頂いているが、私は画像処理の専門家ではなく、あくまで、AIの方に詳しいつもりである。画像処理に私の知っているAIの分野の技術を適用することもできそうだが、そこまでやると勉強にはなっても時間が少し勿体ないだろう。難しいところである。
2Cは今回から余裕があるので、是非皆の力になりたいと思う。

一方で2Bがデスマーチと化した。どうしても2Cの方が楽しくて、つい時間の割り当てを間違えてしまった。まさに死亡寸前。しかも2Bのコーディングでは一番重要なところを自ら進んで受け持っている。期限はある程度は自主的に決められるが、基本的には明日には完成しないと色々と不味い。こんな駄文を書いている暇は本当は無い。やり始めればできそうなのに現実逃避中。これが思考停止点だ。私の「記録」は思考停止の記録なのかも知れない。

――

いつの間にか、飲み会の人数が大爆発して40人近くなっているのを知って驚いた。一教室埋まるじゃないか、そんなの絶対知らない人だらけだなあと思いつつも、私は出来る限り多くの人と仲良くしたいと思っているので、個人的には人数が増えれば増えるほど大歓迎である。それに、私は元々こういう珍しいことが好きだ。

人数上、シャッフル等は厳しいかも知れないけれども、気持ちとしては飛び回って挨拶に行きたい。是非酔いすぎない程度にして、色々な人に話しに回りたい。

幹事さんは気苦労が絶えないかも知れないけれど、私はとても感謝しています。

――

明日はE先生の言語処理の授業が海外出張のため休講である。前回、私は授業中に10回以上名前が取り上げられて黒板にも書かれることがあった。途中でジャスミンが思いっきり溜息ついてしまったほど異常だった。さらに昼食時には平然と私達と同席なされた。そして研究室配属裏話などを聞くことになった。

そうか、明日はこの時間に2Bを進めればいいのか…

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。