Monthly Archive: 2月 2010

22222

今日が特別な日であったことは帰宅後に知ったが、今日はそうでなくとも特別な日となった。 意識よりも優先される感情からの声が本当にあるというのは初めて知った。 言うことは予想外だったし、言った直後に自分で...

無意味な遺書

一縷の望みをかける。 ―― 苦しくて、…苦しくて、何も考えられない。 院試どころではないし、研究どころでもない。 心臓も胃も痛む。 このまま全て記憶でも消えてしまった方が、楽ではあるのだろう。 だが楽...

色々と終えて

もうサッカープロジェクトの日本大会の仮登録期限まで残り10日切っていると聞いて思わず吹いてしまった。 そう言えば去年はこのあたりから本格化したのだったか…。 私も少しこちらにも顔を出そうと思う。 去年...