Storms, again

現在まだ夜行バスの中である。渋滞に巻き込まれて到着が遅れているようだ。することがないので何か記そうと思う。


例のサッカーの日本大会が大阪で開かれる。今日から4日まで滞在して5日に帰ってくる予定。帰った翌日にゼミなので少し忙しくなるだろう。

私は今回の大会では2Dに加えて3Dにも参戦したいと思って、3Dで何とか参戦できるように努力した。

2Dは先輩と同輩と優秀な後輩が頑張っているのできっと今年も善戦すると思う。

昨日、大会のためのポスター印刷をしようと思って自分の研究室のプリンターを使おうと思ったら使えなくなっていた。軽く見ただけなのでもしかしたら見当違いかも知れないが、昨日先生のあたりから聞こえていたサーバーのファンの音から考えるに、先生は恐らく研究室のゲートウェイか何かを新たに設定変更していたと思われる。さらに、プリントサーバーへのLANケーブルと思われるものが外されていた。おかげでwolも効かなくなるわ印刷もできないわとなっていたように思えるが、とっさに研究室生側のルートハブに接続して窮地を脱した。無事にポスターは印刷できたが、教授が何か言っていたら私の仕業だと伝えて欲しい。今の接続状態でも、研究室生は設定を変えることなく印刷できるはずだ。




研究室内の状況について、私の解釈で少し記す。

配属が決まってから今までの間に、勉強会や輪講、研究テーマ考察や進捗報告を定期的に行ってきて、時には食事やカラオケに行くこともあった。

仲間内で簡単にマックに行ったりホームセンターに行ったりすることはよくあり、そんな時に団結力が高いと言うのか、とにかく分散したり勝手に行動したりする人が一切いない。皆相手の意見を聞き入れ、場の雰囲気に合わせることを心得ていると私は思う。

仲間の半数程は就活をしていて、人によってはそろそろ完了するようだ。

研究テーマについては、引き継ぎの人はすぐ決まる傾向があるが、新規に提案する人は未だに決まらない傾向にある。
私は去年から提案しているが、なかなか教授の納得を得られず苦戦していた。漸く少し通せそうな兆しが見えてきたのは最近のことである。

教授との仲は悪くない。癖はあるが、先生の、本質的なこと以外に時間をとらない性質や方針は我々が気付いている以上に相性が良い。先生の個人的価値観や考え方を聞くことは大事だが、それも実は結構聞けている。活動上のパワーバランスのようなものが大分安定していると思う。こちらの意見が通らないことも、通り過ぎることもない。冗談も通じない訳でもない。

研究室には他学科や他研究室からも人が来てくれるようになって、大分賑やかになった。過ごしやすさでは多分他に劣らないだろう。




その他について記す。

院試については常に意識にある状態。
学校では他研究室にも良く顔を出しているが、閉鎖的で入りにくいところもある。

自分の研究室は先代からの遺産もあってか他研究室に馬鹿にされることもあるが、時間をかけて何か立派なものを遺したいと思う。




…ついに到着したのでこれで閉じる。

You may also like...

2 Responses

  1. T.Suzuki より:

    自分自身が納得できるような研究となることを願っています。

  2. Mulgray より:

    ありがとうございます。できる限り、楽しめるような研究をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。