新年

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

元旦は身内で集まって毎年恒例の流れだった。
気付けば去年から兄の方とも些細なことでこじれなくなって、精神的にも落ち着いてきていた。
母も最近は演奏活動が活発なこともあって、気分が陰ることはあまりなくなっていたようだ。

2日午前は初詣をした。
そこで私は驚くべきことに気付いた。

そこの神社でふと見た厄年早見表では、今年が私の厄年だった。
…あり得ない、去年本厄年だったはずなのに今年も本厄年なのか。

後に詳しく調べてみると、実は、これはどちらも正しかった。
家でとっている妙法の一天暦では、男女とも数え年24歳で確かに去年が厄年である。
ところが一般に広く言われている厄年では男が数え年25歳とその±1歳で、女なら数え年25歳は厄年ではない。
しかも前者の暦だと6歳から9年周期で厄年がまわってくる。後者なら最初の厄年は25歳(男の場合)である。

一応、広く言われている方の厄年でも男24歳は厄年の範囲内なので、去年が厄年だったというのも間違いではない。そして今年が本厄、来年が後厄だ。

私は詳しいことは全然分からないが、このように流派によって厄年も変わるらしい。
世間的に言われる、人生の節目にあたる時期で大変なので厄年と呼ぶ、という考え方で意識しておくくらいが丁度良いのだろう。

今年は、しっかり祈祷しておいた。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。