Debian で Font を綺麗にする

Debian でパッケージ選択を全部切ってインストールするとフォントが大変なことになりますが、追加で VLGothic あたりを入れればそれなりの品質にはなります。しかし、高品質なサブピクセルスムージングが欲しい人もいるかもしれません。

この記事の方法を使うと Ubuntu スタイルや Mac スタイルのフォントレンダリングを Debian でも使うことができます。


以下はこの記事の単なる和訳(少し改変)です。
sudo vi /etc/apt/sources.list
まず sources.list に以下を追加。
(この記事が古くなったら trusty の部分は適当に変える必要がありそう)
deb http://ppa.launchpad.net/no1wantdthisname/ppa/ubuntu trusty main
deb-src http://ppa.launchpad.net/no1wantdthisname/ppa/ubuntu trusty main
ここで
sudo apt-get update
とすると key が足りないというようなメッセージが出る気がするので、その key で以下の E985B27B のところを置き換えて実行。
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys E985B27B
無事 key が入ったら infinality font なるものを入れる。
sudo apt-get update
sudo apt-get install fontconfig-infinality
ここからは設定。
cd /etc/fonts/infinality/
sudo bash infctl.sh setstyle
すると以下のプロンプトが出るのでとりあえず 3 と打って Enter
Select a style:
1) debug 3) linux 5) osx2 7) win98
2) infinality 4) osx 6) win7 8) winxp
#?
次に
sudo vi /etc/profile.d/infinality-settings.sh
ここで710行目付近に
USE_STYLE=”DEFAULT”
のような行があるのでとりあえず UBUNTU スタイルにしてみる。
USE_STYLE=”UBUNTU”
最後に、ホームディレクトリに .Xresources というファイルを作って Xft.lcdfilter: lcddefault と書く。
echo "Xft.lcdfilter: lcddefault" >> ~/.Xresources
完了。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。