インストール後の設定

※ ここに書かれていることは私のやっている設定の 1/100 くらいです。少しずつ書き足して整理していけたらいいな…。

sudo が入っていない場合は root でログインしてまず sudo をインストールする。
ついでに(ユーザ名)で指定したユーザが sudo を使えるようにする。

# apt-get update
# apt-get install sudo
# adduser (ユーザ名) sudo
#  exit
改めて一般ユーザでログインする。

nVidia の GPU を使っている場合、以下のようにしてプロプライエタリの(nVidia 製の)ドライバを入れる。
nVidia 製ではない nouveau というドライバもあるが、 nVidia 製のドライバの方が性能が良く、設定項目も多く、 CUDA を動かすこともできる。
ドライバは公式サイトからインストールするのが個人的にお勧め。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp
もし3画面以上のマルチモニタ環境でないなら、普通に最新版をインストールして問題ない。
ところが、2つ以上の GPU を使い、3つ以上の画面を使う予定なら、ドライバのバージョンを気をつけなければならない。
ベータドライバ & 過去のドライバ というところで調べる。
現時点では最近のドライバには 340 系と 304 系があるが、 340 系だと Xinerama が使えない。そのため、マルチモニタを自由に行き来できるデスクトップ環境を作る選択肢が減ってしまう。
ここでは 304 系を選ぶ。
$ wget http://jp.download.nvidia.com/XFree86/Linux-x86_64/304.128/NVIDIA-Linux-x86_64-304.128.run
$ chmod +x NVIDIA-Linux-x86_64-304.128.run
$ uname -a
Linux hostname 4.1.0-2-amd64 #1 SMP Debian 4.1.6-1 (2015-08-23) x86_64 GNU/Linux
ここで、カーネルが古い時は新しいバージョンを入れる。
$ sudo apt-get install linux-image-4.2.0-1-amd64
カーネルを入れ替えた時は一旦再起動する。
$ sudo apt-get install build-essential linux-headers-4.2.0-1-amd64
$ sudo ./NVIDIA-Linux-x86_64-304.128.run
最初は nouveau が既にインストールされているので、以下のメッセージが出る。
ERROR: The Nouveau kernel driver is currently in use by your system. This driver is incompatible with the NVIDIA driver, and must be disabled before proceeding. Please consult the NVIDIA driver README and your Linux distribution's documentation for details on how to correctly disable the Nouveau kernel driver.
ここで OK すると、以下のように自動的に nouveau を無効化しましょうかと聞いてくるので Yes と答える。
ディストリビューションによっては initial ramdisk (initramfs) も修正しないといけない場合があるらしいが、 Debian はこれだけで良い。
For some distributions, Nouveau can be disabled by adding a file in the modprobe configuration directory. Would you like nvidia-installer to attempt to create this modprobe file for you?
インストーラはここで終了するので、再起動する。すると、 nouveau が無効化された状態で起動してくる。低い画面解像度で起動してくることだろう。
$ sudo reboot
再度インストーラを実行する。
$ sudo ./NVIDIA-Linux-x86_64-304.128.run
もしここで The CC version check failed というメッセージが出たら、その中に以下のような文が表示されているはずなので、バージョンを覚えておく。
The compiler used to compile the kernel was gcc 4.9;
Yes と答えて一旦インストーラを終了させる。
Debian では初期状態で gcc の alternatives (バージョンを切り替えられるようにする設定)が設定されていないので、以下のようにして設定を作る。
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/gcc gcc /usr/bin/gcc-4.9 49 --slave /usr/bin/g++ g++ /usr/bin/g++-4.9 --slave /usr/bin/gcov gcov /usr/bin/gcov-4.9
–slave 以降はなくても良い。ここで 4.9 としている部分を、先ほど覚えていたバージョンで合わせる。
再度インストーラを実行する。
$ sudo ./NVIDIA-Linux-x86_64-304.128.run
次のようなメッセージが出たら一応 Yes と答えておく。(後からどうにでもできるが)
Would you like to run the nvidia-xconfig utility to automatically update your X configuration file so that the NVIDIA X driver will be used when you restart X? Any pre-existing X configuration file will be backed up.
クライアント環境なので X をインストールする。 xinit を入れると startx が入り、必要な X 関係のファイルも依存関係で一通り入る。
また、マルチモニタの対応が良いタイル型ウインドウマネージャの XMonad をインストールしてみる。
$ sudo apt-get install xinit xmonad xmobar suckless-tools xterm
$ startx
もし startx を実行しても X が起動しない場合、以下のファイルを確認する。
$ vi .local/share/xorg/Xorg.0.log
もしこの中で、 Failed to initialize the NVIDIA kernel module という記述がある場合、以下のサイトが参考になる。
http://www.x.org/wiki/NVIDIAProprietaryDriver/
もし /dev/nvidia* にあるはずのデバイスファイルがなかった場合、次のスクリプトを作って実行する(sudo 付きで)。
for i in 0 1 2 3 4 5 6 7; do
node="/dev/nvidia$i"
rm -f $node
mknod $node c 195 $i  || echo "mknod \"$node\""
chmod 0660 $node      || echo "chmod \"$node\""
chown :video $node    || echo "chown \"$node\""
done
node="/dev/nvidiactl"
rm -f $node
mknod $node c 195 255   || echo "mknod \"$node\""
chmod 0666 $node        || echo "chmod \"$node\""
chown :video $node      || echo "chown \"$node\""
起動時に自動ログイン
$ sudo mkdir /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d
$ sudo vi /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/autologin.conf
内容は以下のようにする。
[Service]
ExecStart=
ExecStart=-/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear %I 38400 linux
自動ログイン時に startx させる。
$ vi ~/.profile
.profile の最後に以下を追記する。
[[ -z $DISPLAY && $XDG_VTNR -eq 1 ]] && exec startx
ビープ音が鳴らないようにする。
$ sudo rmmod pcspkr
# echo "blacklist pcspkr" > /etc/modprobe.d/nobeep.conf
ファイルブラウザを入れる。
$ sudo apt-get install pcmanfm
Firefox を入れる。
$ cd Downloads
$ wget "https://download.mozilla.org/?product=firefox-41.0.2-SSL&os=linux64&lang=ja"
$ tar xf firefox-41.0.2.tar.bz2
$ sudo apt-get install alsa-utils
最近の Debian は $HOME/bin に最初からパスが通っているのでここに適当なプログラムのリンクなどを置いておく。
$ mkdir $HOME/bin
$ cd $HOME/bin
$ ln -s ~/Downloads/firefox/firefox firefox
端末やフォントを整備
$ sudo apt-get install unzip
$ sudo apt-get install leafpad
$ sudo apt-get install fonts-ricty-diminished
$ sudo apt-get install fonts-takao
$ sudo apt-get install rxvt-unicode-256color
$ mkdir .xmonad
$ vi .xmonad/xmonad.hs
$ cd bin
$ ln -s ~/Downloads/firefox/firefox firefox
Chrome を入れる。
$ sudo apt-get install gconf-service libgconf-2-4 fonts-liberation libappindicator1 xdg-utils
$ sudo apt-get -f install
$ sudo dpkg -i google-chrome-stable_current_amd64.deb
タスクトレイ(もっといいのがあるかもしれない)
$ sudo apt-get install stalonetray
$ stalonetray
別マシンと入力機器をシームレスに統合
$ sudo apt-get install git
$ git clone https://github.com/synergy/synergy.git # this time version 1.8.0-alpha-19835b6
$ cd synergy
$ ./hm.sh conf -g1
$ ./hm.sh build
$ cd bin
$ ./synergy
リモートデスクトップクライアント
$ sudo apt-get install remmina
テーマ変更用
$ sudo apt-get install gtk-theme-switch
$ sudo apt-get install gtk2-engines
$ mkdir .config/gtk-3.0
$ vi .config/gtk-3.0/settings.ini
ダークテーマを有効にする。
[Settings]
gtk-application-prefer-dark-theme = true
bluetooth で音楽を聴く。
$ apt-get install bluetooth blueman pulseaudio pulseaudio-module-bluetooth pavucontrol bluez-firmware audacious
$ blueman-manager # Search and connect
$ pavucontrol # on "Configuration", select "A2DP Sink", and make others "Off"
$ audacious
JDK をインストールしておく。
https://wiki.debian.org/JavaPackage
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
$ apt-get install java-package
$ make-jpkg jdk-8u65-linux-x64.tar.gz
$ sudo dpkg -i oracle-java8-jdk_8u65_amd64.deb
eclipse はよく更新されるので直接ダウンロードしてきたものにリンクを張る。
https://eclipse.org/downloads/
$ cd Downloads
$ tar xzf eclipse-java-mars-1-linux-gtk-x86_64.tar.gz
$ cd ~/bin
$ ln -s ~/Downloads/eclipse/eclipse eclipse
軽量な日本語入力セットアップ。優秀な入力が欲しい時は mozc も入れる。
$ sudo apt-get install uim uim-anthy
(needs reboot)
他サーバのディレクトリを簡単にマウントするため sshfs を入れておく。
$ sudo apt-get install sshfs
PDF リーダー evince を入れる。
$ sudo apt-get install evince
WiFi 付きの PC であれば、予め設定してある接続先がなかなか掴めない時に
“A start job is running for raise network interfaces (…)”
のような表示が出て起動が遅くなる。
これにタイムアウトを設定するには
$ sudo vi /lib/systemd/system/networking.service
を以下のように設定する。
TimeoutStartSec=10sec
TiMidity++ を システムの MIDI シンセサイザーとして使えるようにする
$ sudo apt-get install timidity-daemon
$ sudo vi /etc/timidity/mybank.cfg
dir /somewhere_your_bankfile
soundfont yourbank.sf2
$ sudo vi /etc/timidity/timidity.cfg
$ timidity -iA
systemctl suspend でのサスペンドと復帰に失敗する場合, 以下のようにするとうまくいくようになる環境がある
$ sudo mkdir /etc/pm/config.d
$ sudo vi /etc/pm/config.d/modules
SUSPEND_MODULES="ehci_hcd xhci_hcd usbcore"