彼岸

とても日差しの強い日だった。

見渡す限り広がる空、その中に寂しげに浮かぶ低い雲は、少し頑張れば手が届きそうなほど近くに見えた。

普通、こういった表現は星空に使うのだろうが、このときの雲は本当に近くに感じられた。

前日が父の誕生日だった。

私と母はお墓参りに来ていた。

「――鶏頭がこんなところに。飛んできたんだね。」

園芸好きだった父の墓石のすぐ脇に、真っ赤な花が咲いていた。

茎は指と同じくらいの太さはあり、天に向かって真っ直ぐに伸びていた。

日差しがとても強かった。

二人で墓石に水をかけた。

母が手を合わせたのを見て、自分も手を合わせた。

母は目をつぶって祈っている様子だったが、私は墓石をじっと見つめたまま、目を閉じられずに、手だけは同じように合わせた。

きっと乗り越えてみせると、そう胸を張って誓いたいのに、真っ直ぐな気持ちで誓うことが出来なかった。

私は、胸の内を、そのままに偽りなく辿った。

――私には自分が良くわからない

安心して、私に任せてください、と、本当は言いたい――

――本当に色々と、申し訳がない

生きていれば、本気で叱り飛ばしてくれただろう――

――どうしてこんなにも無念な終わりかただったんだろう

我々の自分勝手をどれほど残酷に思うだろう――

――私はどうすればいいのだろう

私は自分で決着を付けるべきことさえぼんやりと見過ごしている――

――どうすればあなたのようになれるんですか

それを自分で悩み乗り越えるからこそなれるというのに――

――全部、大体わかるような気がします

でも全くわからないんです、何故動かないのか――

――ずっと昔から、悲しいほどに動かないのは何故

それでも見守ってくれますか――

……

…………

—–

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。